不動産を取得しただけじゃまだあなたのモノじゃない!?

お金を貯蓄して、念願の不動産を手に入れることができた場合非常に嬉しい思いをすることでしょう。長い間の夢のひとつがかなった瞬間でもあります。そのため大きな喜びが存在します。

しかしここで注意なのが、単純に不動産を買っただけでは、まだ自分のものとはなっていません。通常のもののやり取りであればお金を出して買えばそれは自分のものとして扱うことができ、お金のやり取りによってその権利を得ることができます。しかし不動産の場合はそこが少し複雑になります。不動産に関わる問題というのは多く、簡単には解決できないものもあります。それらをできるだけ防げるように、不動産では権利が非常にたくさんあります。その関係からお金のやり取りからすぐに自分のものになるという場合はあまりないものとなります。権利上で自分のものにする為にはそれにふさわしい手続きが必要となるでしょう。この手続きをすることで本当の意味で不動産が手にはいったことになります。

ここではその本当の意味で自分の不動産にするための知識を紹介していきたいと思います。知っていて損をすることはありません。また多くの不動産を扱う現場でも活躍する知識となるでしょう。

不動産を取得しただけじゃまだあなたのモノじゃない!?

不動産の権利の移転とは

不動産の移転についての紹介をしていきます。

不動産の権利を第三者に対抗するには

不動産の権利を渡さないためにも対抗手段は持っておきましょう。

不動産は取得しただけでは自分のものとはなりません。

Category

不動産の権利の移転とは
物権はどんなときに変動するの?
物権が変動するために必要なこと
物権が消滅するとき
不動産登記の意義と効力
動産の公信力と不動産登記の公示力
登記請求権って何だろう
中間省略登記とは
不動産の権利を第三者に対抗するには
"第三者に対抗する"の意味
登記がなくても対抗できる第三者
取消前後と登記の権利関係
解除前後と登記の権利関係
取得時効前後と登記の権利関係
相続と登記の権利関係
賃貸人の地位と登記の権利関係